KOBO IRODORI

お祭り小物と生活に根ざした布小物を製作しています。

はたらく仲間たち

ミシン

昨日のハンドメイド市、無事終了いたしました、
お越しいただいた方々、お買い上げいただいた方、スタッフの皆さんありがとうございました。
次回は、4月5日(土)10:00から15:00までの出店になります。H.P『仙台駅東口ハンドメイド市』もありますのでご覧ください。

さて、写真の説明ですが、彼らなのか、彼女たちなのか、いずれにせよ私の「はたらく仲間」たち。
この仕事をはじめるにあたり、厚物の8号帆布を縫うには家庭用ミシンでの限界を感じ、家庭内借金(わが家通称「ホーム・ザ・ローン」)を組み、無事2台の購入にいたったわけなんです。 
仕事もまじめにがんばり無事返済しました〜 

毎回、縫うたびに感心です。
厚物はもちろん、風呂敷を作ろうと思い、「三つ巻き縫い」に挑戦!
家庭用ミシンでは角を始末しようとすると、下の穴のところにズボッと入り、苦労したので遠ざけてましたが、一念発起でチャレンジ!  ところがこの「三つ巻き縫い」があなどれない。
俗にいう「三つ折り縫い」とはちがい、アタッチメントが、くるくると巻きながら縫っていってくれるので、「直線」はじっと脇目もふらずにただひたすら「監督」してたらいいんです。が、四隅にテクニック上の大きな落とし穴が‥‥きれいにまとめられない!  

いやはや、私がミシンに吸い込まれていきそうなぐらいかかった悪戦苦闘のおかげで、テクニックマスター無事終了!
問題の穴の中への落ち込みは無く、13枚の小風呂敷(こぶろしき)を縫い終えることができました。 
よそ見厳禁で、まっすぐしか縫ってないのに、疲れましたね。
古典文様を中心とした『粋・です』シリーズで展開しようかなとおもっています。
スポンサーサイト
[ 2014/03/17 12:39 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する